アンジュ トリキュラー違い

アンジュからトリキュラーに変えました(30代/女性)

20歳の頃から生理痛がひどくなり、婦人科ですすめられて低用量ピルを飲んでいました。最初はアンジュを処方されていましたが、就職で遠方になり別の婦人科へ。
勤務地の近くの婦人科では、既に年単位で使用の実績があったので、いきなり3ヶ月分処方でした。医師いわく低用量ピルはどれも同じで、効果は皆かわらないとのことでしたし、アンジュより安かったのでトリキュラー28にしました。

 

診察込みで3シート6000円から7000円ぐらいでした。(有名な歓楽街の近くだったのもあって、特に安かったのかも。)

 

トリキュラー28のよいところは、なんといってもシートと錠剤が小さいことです。アンジュはシートが大きかったので持ち歩きには不向きでした。
突然泊まりになったり、夜勤が入ったりする不規則な仕事をしていたので、無印のスチールの名刺入れに入れて常に持ち歩いていました。パッケージを開けたらまず油性ペンでシートに日付を書いて、アラームを掛けて朝飲んでました。油性ペンで日付を書くのは、飲み忘れのチェックが簡単なのでおすすめです。生理痛はともかく、避妊に関しては飲み忘れると効果が不確定になりますので、飲み忘れには細心の注意を払っていました。習慣になると結構飲み忘れないものです。

 

最後の1列は偽薬のため飲まなくてもよく、偽薬の入っていないトリキュラー21もあるのですが、飲まない日が続くと日にちがわからなくなることがあるため、あえてトリキュラー28をつかっていました。偽薬部分は朝の服薬時間に捨てていました。毎日同じことを続けるのが忘れないポイントです。

 

私は特に副作用などもありませんでしたので、よいことばかりでした。生理前後の肌荒れは落ち着いて肌がきれいになったし、決まった日に生理がくるし、生理が来ても経血は少ないしで大変快適でした。もちろん生理痛も緩和され、生理の一週間で鎮痛剤一箱飲むようなことはなくなりました。

 

また、99.9%の確率で避妊というピルの謳い文句通り、服用期間中、避妊の失敗もいちどもありませんでしたよ。
今は結婚して出産→授乳中なので服薬をお休みしてますが、産後も生理はあまり軽くならなかったし受胎調整もしたいので、卒乳したらまた飲み始めようかなと思ってます。

 

<補足>
トリキュラーはマーベロンやトリキュラーと並んで、よく産婦人科で処方されるピルです。
トリキュラーはトリキュラーと同じ2世代・3相性のピルで、成分も同じです。
しかし、錠剤はトリキュラーの方が小さく、価格も安いのでトリキュラーの方が人気があるようです。

トリキュラー

→トリキュラー21の詳細・口コミはこちら