トリキュラー28と21の違い

トリキュラー28と21の違い

トリキュラーには28錠タイプと21錠タイプがあります。

しかし、大きな違いはありません。
21錠タイプは21日間飲み続けて、7日間は服用を中止(休薬)して、また再開します。
すると、人間ですから再開時に飲み忘れる場合が出てきます。
ピルは規則正しく飲まないと効果がありませんし、避妊失敗につながります。

 

なので、できれば休薬期間なしに連続して飲み続けたほうが、飲み忘れが少なくなります。
そこで、その7日間は偽薬(効果のない錠剤)を飲むことにして、28日間連続で飲み続ける方がよいと考えられています。

 

ということで、トリキュラー28はトリキュラー21に7錠分の偽薬が付いた商品です。
それ以外の21錠は同じです。
28錠タイプのうちの7錠は偽薬といって、効果のない錠剤です。

 

休薬期間も飲み続けるため、飲み忘れしにくい長所があるものの、休薬期間まで薬(偽薬)を飲みたくないという女性が多いため、21の方が人気です。

 

なお、トリキュラー28も21同様に需要が逼迫しており、業界最大手のオオサカ堂では1箱のみ購入可能です。
以前はまとめ買いでかなり安くなりましたが、現在ではまとめ買いできなくなっています。
さらに。「数か月ほどで在庫が切れ、取り扱い終了となる可能性がございます。」とあり、今後の入荷の予定がないそうです。

 

他の業者でも取扱が減っており、いずれはなくなる可能性が高い商品です。

 

飲み忘れ防止にはトリキュラー28がいいです(30代/女性)

27歳の頃からずっとトリキュラーを飲んでいます。飲み始めたきっかけは、生理周期が安定せず、3週間遅れたり、2週間早まったり……と乱れがちなことが気になったからです。職場に近い婦人科で相談したところ、数種類のピルを提案されたのですが、正直なところどれが良いのかわからず……。先生に聞いたところ、ピルは飲み忘れがあると効果がない、きちんと飲むためにはカレンダー状になっているトリキュラーがいいかも?と言われ、シートに曜日が印刷されているトリキュラー28を選びました。
トリキュラー21は休薬による飲み忘れがありそうだったので、やめました。

 

値段は1シート3,200円です。効果がなかったら無駄な出費になるなぁ……と心配していましたが、1シート目を飲み終えた次の生理から、予定日ぴったりに生理が来るようになって、驚きました。あんなに不規則だったのに……!と驚いたことを覚えています。心配していた吐き気などの副作用も、個人的には感じられません。ただ、血栓症は心配なので、婦人科で年に1回血液検査を受けています。

 

周期が安定する以外の効果としては、生理前のイライラ(PMS)が減ったことと、肌のコンディションが良くなったことがあります。親知らずの抜歯のために1ヶ月ピルを止めたことがあったのですが、この時はイライラも強く、肌も荒れたので「ピルの効果だったんだなぁ」と実感しました。

 

毎日飲まないといけないのははじめはプレッシャーですが、夜に飲むサプリと一緒にしておく、洗面所に置いて歯磨きのついでに飲む、などの工夫をすれば忘れず飲めますし、旅行などのスケジュールを立てやすくなったので、とても満足しています。生理周期を安定させると妊娠にも良い影響があるとのことなので、結婚し、妊娠を予定するまでの間、飲み続けたいと思っています。


→トリキュラー(28錠)の詳細・口コミを見る